歯列矯正と審美治療

haisy_chiryo

 

歯列矯正も審美治療の1つ

歯の美しさに着目した歯科医療の分野として、人気を集めている審美歯科。この審美歯科で行われる治療はいくつかありますが、その中で歯列矯正も治療の一環になります。

歯や口元をキレイに見せるためには、歯並びも大切なポイントです。

歯に小さな力を少しずつかけ続けることで、歯の位置をずらしていき、歯並びを整える・・・というのが、歯列矯正です。

この治療を行うと、不揃いの歯や八重歯を矯正できるほか、上下のアゴの位置が正常になり、噛み合わせが良くなります。

 

審美歯科と矯正歯科の違いと共通点

上の項目で、「歯列矯正は審美治療の一環」と説明しました。

歯並びを良くすることは、“歯の美しさ”を目指している審美歯科の目的に繋がっていくので、審美歯科の中には、歯列矯正を行っているところもあります。

ここで、「審美歯科」と「矯正歯科」の違いと共通点を見ていくことにしましょう。

 

治療の目的

審美歯科は先ほどから何度か触れているように、“歯の美しさ”を追求した治療が行われるところ。

そのため、基本的には歯を白くしたい人や歯の表面をキレイにしたい人に適しています。

一方の矯正歯科は、“歯並びを良くする”ための治療が行われるところ。

虫歯などになっていない健康な歯でも、歯列矯正の治療の際に必要があれば、歯を抜くこともあります。

見た目の良さ以外でも、今後噛み合わせがずれていることでアゴの痛みなどが出ることを予防したいひとなどに適しています。

 

費用

歯列矯正してくれる審美歯科の費用も、矯正歯科で治療を受ける場合の費用も、ほとんど変わりません。

病院によっても異なりますが、大人の歯列矯正治療では約80万~100万円の費用がかかるでしょう。

歯の病気治療ではなく、“審美”の目的で歯並びを良くしたい場合でも、このように高額費用が必要です。

ちなみに、矯正歯科でかかる費用も審美歯科の費用と同じく、保険は適用されません。病気の治療ではないですからね。

ただ、矯正治療の際に次の症状が出ている場合は、病気治療とみなされて、その費用は保険適用となります。

  • 口蓋裂や口唇裂といった先天性の異常
  • 手術が必要な顎変形症

 

病院選びのポイント

歯並びを整えたり、噛み合わせをコントロールしたり・・・と、一部の治療では同じようなことも行います。

同じ治療でも、審美歯科では比較的短期間で、矯正歯科では長い時間をかけて行われるのが一般的。

“口元をキレイに見せる”ための歯列矯正で考えると、どちらの歯科が良いのか迷ってしまいますね。

治療目的や費用のことを含め、双方の共通点や違いを理解したうえで選びましょう。

見た目の問題で歯並びを直したいけれど、治療を要するのが広範囲のときは、審美歯科ではなく、矯正歯科をオススメします。

 

歯列矯正治療とは?

矯正治療は、歯に装置をとりつけて歯を移動させて、綺麗な歯並びと正常なかみ合わせに改善します。

矯正治療は、綺麗な歯並びを作るのはもちろんのこと、良くかめる、安定したかみ合わせを確立することが非常に重要です。

でこぼこした歯並びは歯垢が溜まりやすく、むし歯や歯周病のリスクも高くなります。また歯並びが悪いと、むし歯はないのに歯が痛くなったりすることもよくあります。

矯正治療では審美治療では根本的に改善はできない咬みあわせを改善できることが最大のメリットです。

かみ合わせは姿勢や全身状態に深く関わっていることが、近年頻繁に取り沙汰されるようになりました。

見た目に良い歯並びでも噛み合わせが悪いと、顎関節症や肩凝り、頭痛などを引き起こす場合もあるのです。

 

歯列矯正治療の種類について

  • マルチブラケット・セラミック矯正

ブラケットがセラミックのもの。メタル矯正よりやや費用がかかりますが、装置が目立ちません。

 

  • マルチブラケット・メタル矯正

昔からある矯正法で、歯につける装置(ブラケット)が金属のものです。

 

  • 舌側矯正

昔からある矯正法で、歯につける装置(ブラケット)が金属のものです。

 

  • デーモンシステム

昔からある矯正法で、歯につける装置(ブラケット)が金属のものです。

 

  • マウスピース矯正

透明のマウスピースを交換しながら歯並びを改善。目立たなく費用も安く済みます。歯並び不正が大きい場合は不適です。

 

コメントを残す